無線通信可能なコピー機で効率アップ

情報端末で構築した文字や図面データを、紙面に印刷してくれるのがコピー機です。そんなコピー機も年々進化しており、最新機では小型受信機を搭載することで無線通信が可能になっています。コピー機だけでなく、複合機も最新の機能を搭載しているものが出てきました。今や最新の機能を搭載したコピー機も複合機もリースする事が出来る時代です。これまでのコピー機は、情報端末と回線を接続しないといけなかったのです。そのため配線が届かない機器で作ったデータも印刷しないといけないため、どうしても複数台を用意しないといけないのでコストがかかります。その点コピー機に無線通信機能を取り付けることで、作成した情報を瞬時にコピー機に送ることができるのです。さらに配線を取り付ける必要がないため、複数台を用意しなくて済むのでコストカットになります。これも無線でつなぐことによって、例えば会議中で生まれた情報を記憶が新しいまま残したいときにノートパソコンに書くのです。これまでは配線をつながないといけないのでタイムラグが発生していましたが、無線通信を利用することでその場で作成した情報をすぐに印刷をすることが可能になるので業務効率が上がります。

カテゴリー: Post