服選びの心理状態

自分がどのような服を着ているかは、心理状態が大きく影響していると言われているようです。例えば、人間の首元にはエネルギーセンターと呼ばれるものがあります。これは真実や表現のエネルギーとされています。そのため、マフラーやスカーフ、ネクタイなどで首を締め付けることが好きということであれば、他人に見せたくないものがあると言えるかもしれません。自分の無意識が、服選びに大きく影響しているのです。他にも、頭から足まで形を際立たせるような服装を好んでいる場合には、自分を官能的に見せようとしている心理があるそうです。しかし、人が何かを必死で証明しようとしているときには、心の奥底ではそれを信じていないからなのです。他人に「こう見えて欲しい」という気持ちが強いと言えるでしょう。逆に、自分が太っているのに、さらにその体型を強調するような服選びをする人もいます。これは「自分の体が素敵ではない」ということを証明して、「やっぱり自分は間違っていなかった」と、内心で自虐が正解したことを喜んでいるのです。一方で、自分のサイズよりも大幅に小さいサイズを着ることで「自分は太っていない」と思い込ませようとする人もいます。これは自分を欺いている状態で、自分が太ることによって自分自身に何かを訴えているにも関わらず、無視をしている状態と言えるでしょう。現実を直視せず、改善するための行動をしていない状態が続けば自分にマイナスの影響が表れます。自分の体に合った服選びをできることは、自分の心理状態が安定していることを示します。普段から自分がどんな服選びをしているのか、それによって自分のどんな部分を隠そうとしているのか、今一度考えてみる必要があるでしょう。考えた結果、「もっと輝きたい」「自分らしくありたい」と思う場合はスピリチュアルヒーリングを受けてみるのもよいでしょう。親子で受けれる場所もあるようなので、お子さんと一緒であれば気追いすぎずに向かうことが出来るのではないでしょうか。

カテゴリー: Post