ちょっと変わったラーメンを求めて

飲み歩きなんてしているとガッツリ系は食べないとか勘違いされますが、ラーメンは別腹とここに宣言しておきたいと思います。そしてそれは典型的なものにこだわらず、変わり種ラーメンもまた飲み歩きには良いスパイスと言えるからです。本郷三丁目にある「麺屋ねむ瑠」では、変わったラーメンというだけでなく、その完成度に驚かされる店と言えるでしょう。出汁は、瀬戸内産の烏賊煮干と様々な種類を使用したブレンド煮干、鶏白湯、豚背脂、香味野菜から取る濃厚なもの。そこに、こだわりの生揚醤油や能登産の烏賊のいしるなど、いくつかの醤油をブレンドして味付け。替え玉も煮干オイルなどで味付けされているため、そのまま食べても十分美味しいのが特徴。あっさり系のスープが好みという人にも嬉しいメニュー「赤鶏と蛤の淡麗中華そば」もあるため、お客さんを選ばないというところも変わっている店と言える。ラーメンではないけど、自分で決めた旅プランを実行している時、我慢できずついつい足を運んでしまうお店が平和島「油そばの店蜻蛉」。スープがないのに旨みが凝縮している不思議と、麺が見えないほど重ねられた特製チャーシューの下に顔を出す温泉卵に箸は止まらなくなるでしょう。黄身を崩し、かき混ぜると幸せの香りで頭が埋め尽くされるでしょう。しっかりと混ぜ合わせたら、ひと口目から食材すべての旨みが感じられるのがまさに「真の油そば」たる所以ではないでしょうか。かえしのキレも印象的で、途中から西洋わさびと岩塩で変化を持たせると、さらなる旨みを引き立たせ、箸は一気に加速すること間違いなしでしょう。定番を味わった後はぜひ何度か足を運び、角煮やモツの油そばも試していただきたい店と言えるでしょう。飲んだ後の〆にもインパクトがあって最高です。

カテゴリー: Post