麻雀と煙

休日の何の予定の無い日に、手打ちの麻雀卓や全自動麻雀卓のある雀荘で気軽に麻雀したいと思っている、麻雀女子には朗報となるのかもしれません。雀荘も含まれる、公の施設などでの「禁煙化」や「分煙化」が、様々なメディアを通したニュースなどでも話題となっています。そのような公の場の中でも。「雀荘」と言えば、モクモクの「煙」が付きものです。今後、「禁煙化」もしくは「分煙化」されたクリーンな雀荘が登場するとなると、従来の麻雀ファンたちは、空気の澄んだ雀荘をどう判断するのでしょうか?変わらず、麻雀ファンたちは集まってくれるのでしょうか?雀荘の今後の在り方についてて、未来図を考えてみたいと思います。私の雀荘のイメージは、「咥えタバコ」「煙」「喫煙」でした。2020年、東京オリンピック開催を前に、国の「健康増進法改正案」の施行などが主な背景となり、飲食店などをはじめとする、公共の場所とも呼ばれる敷地内での、「全面禁煙」や「分煙」などという、施設側の構造の変更が余儀なくされる事態が迫っています。皆さんは、「禁煙」や「分煙」について、どのような考えをもっていますか?『タバコを吸う人』、『タバコを吸わない人』によって、その考えは大きく異なってくるとは思いますが、「麻雀=タバコの煙」というイメージが強かった私にとっては、世の中の大きな変化を感じ取っています。

カテゴリー: Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です