サプリメントとの相性

皆さんは、日常的に服用しているお薬はありますか?

そのようなお薬と、サプリメントなどの健康食品を併用する際は、どのような対処を試みているでしょうか。

巷の統計データなどからみてみますと、何かしらの疾患を患う事で、日常的に薬を服用している人々の中で、80%ほどの人々が、サプリメントや健康食品と、お薬を併用する事を主治医に相談していないようなのです。もちろん、サプリメントや健康食品には、「お薬ではありません」「食品です」などをうたったものがありますが、最近は、サプリメントや健康食品の成分が、医薬品の域まで近づいてきているようなものもあるようなのです。

最近のサプリメントには、○○○の食品が、○○個分に濃縮されていますなどと、表現されているようなものもありますが、そのように有効成分が何倍にも摂取できるサプリメントや健康食品を、消費者が誤った使用をしてしまう事を懸念するような声も聞こえてきます。そのような表記の中には、人々が明らかに、1日のうちには摂取できないような食品の数や量が記載されているようなものもあります。

一部では、現代の食物には、土壌の汚染などから、栄養素が低下しているので、そのような表現になってしまうなどと言うような人々もいますが、実際には、そのような有効成分の過剰摂取による健康被害については、未だ、解明されていないような部分もあるようです。

有効成分が過剰に摂取できるサプリメントと、お薬の併用については、それぞれの関係性における相互作用が心配される声もあります。

実際に、一部のサプリメントを購入しようとすると、お医者様から、

「ワルファリン」と呼ばれるお薬を処方されていませんか?

などと質問を受けるような事があります。これは、サプリメントの有効成分が、お薬の効力に影響を与えてしまう事が発覚したために、一部の投薬との併用を避ける為に行っている購入前の聞き取り調査のようでした。このような事実を知らずに、闇雲に、お薬とサプリメントなどの健康食品を併用する人々への、健康被害が昨今、急速に心配されるようになりました。

皆さんは、病院などで、お薬の処方などを受ける時に、健康食品やサプリメントの摂取を相談していますか?健康食品とサプリメントの併用においては、マイナス的な相互作用と、プラスとなるような相互作用がデータとして、報告されているようですので、お薬とサプリメントを併用するような場合は、素人判断ではなく、お医者者の判断を仰ぐ事が大切なようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です